スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

 

sw3_story.jpg

ついに、伝説が完結します。
そして、その伝説の全ての謎が、ひとつ、ひとつ、解き明かされていく。

 

 平和をもたらす唯一の人間として、選ばれし者アナキンが、なぜダークサイドに堕ち、ダース・ベイダーへと変貌してしまったのか・・・。

 アナキンの子供たち、ルークとレイアがどうやって生まれ、どうして引き離されてしまったのか・・・。

 オビ=ワン・ケノービやジェダイ・マスターのヨーダがジェダイの壊滅をどうやって生き延びたのか・・・。

 などなど・・・。

 そして、最後のエピソードに込められるものは・・・。



 

監 督

ジョージ・ルーカス

脚 本

ジョージ・ルーカス

出 演

ユアン・マクレガー、ヘイデン・クリステンセン、ナタリー・ポートマン

音 楽

ジョン・ウィリアムズ

配 給

20世紀フォックス

公式サイト

http://movies.foxjapan.com/episode3/

製作年・国

2005年7月9日/アメリカ

上映時間

2時間21分

ひとこと

1977年に誕生した「スター・ウォーズ」がとうとう完結します。
シリーズ6作を28年間に渡って制作し続けたルーカス監督は、本当に少年のような心のままなのではないでしょうか。
そして、観る側も「スター・ウォーズ」が続く限り、少年のようなワクワクした心のままでいられたような気がします。

私は女性だけれど、「スター・ウォーズ」だけは、少女のような心じゃなくて、無条件にワクワク喜んじゃう少年のような心で観た方が、だんぜん楽しめちゃうような気がしていました。

でも、今回の完結編は、少年とか少女とか、男とか女とか、全てを越えたところで感動できる作品でした。
もちろん、少年のようにワクワク楽しめるのですが・・・・。

深いのです・・・。

あ~、それにしても、平和をもたらすはずだったアナキンが・・・。
善と悪っていったいなんなのでしょう。
人間の心というものは・・・いったいぜんたい・・・。
そして、ねえ、「愛」って何・・・?
う~~~~。
と、「スター・ウォーズ」を観て、こんなにせつなくなるとは思いませんでした。

全ての謎が解き明かされて、完結したこの作品。
でも、謎を知った上で、また観たくなってしまう・・・、恐るべし「スター・ウォーズ」

   

みどころ

1.なんと言っても、アナキンが、ダース・ベイダーに変身する瞬間。

2.オビ=ワン・ケノービの弟子であり親友のアナキンが、ダークサイドへ堕ちてしまう、そのアナキンへの悲しみ、辛さが・・・送る言葉が・・・。泣けます・・・。

お気に入り

ジェダイマスター・ヨーダがまたまた、大活躍します。
ヨーダの目の表現が大好きです。

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」に関連するDVD・書籍

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cinemarina.jp/mt/mt-tb.cgi/87

コメントする



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© 2009 Cinemarina Allrights reserved.