M:i:III(ミッション:インポッシブル3)

 

mi-3_story.jpg

スパイを引退し、教官になり新人スパイの教育に当たっているイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、フィアンセのジュリア(ミシェル・モナハン)と新しい生活に踏み出そうとしていた。

 

 そんな時、舞い込んだ「自らの教え子リンジー(ケリー・ラッセル)を危機から救え」とイーサンへの新たなミッション・・・。
もう引退した身だからと拒むイーサンだが・・・、本当のイーサンの姿を知らない婚約者のジュリアまで巻き込むことに・・・。

最大なる敵オーウェン・デヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、かつてないほどの絶体絶命にイーサンを陥れていく~!!!



 

監 督

J・J・エイブラムス

脚 本

アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、J・J・エイブラムス

出 演

トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ビング・レイムス、ビリー・クラダップ、ジョナサン・リス=メイヤーズ、ミシェル・モナハン、ローレンス・フィッシュバーン

音 楽

マイケル・ジアッキノ

配 給

UIP

公式サイト

http://

製作年・国

2006年/アメリカ

上映時間

2時間6分

ひとこと

トム・クルーズ製作・主演の大ヒット作「ミッション・イン・ポッシブル」の第3弾。第2弾から6年振りの登場です。
正直、シリーズの中で一番好きです・・・私。

もの凄く寝不足の中の試写で、どうしよう~と思っていたのに、冒頭のシーンでハートをグワシと掴まれて、そのままどんどん、引きずり込まれ、あ~れ~と最後の最後まで
瞬きするのも勿体ないほど楽しませてまらいました。
というのも、トム・クルーズ扮するシークレット・エージェントのイーサン・ハントの変わりようなんです。

1作目のイーサンは、どんな不可能なミッションにも挑んでしまう人間離れした男性に見え、2作目のイーサンは、ふ~ん、恋もするんだ・・・。
とちょっと私生活が垣間見え、そして、本作のイーサンはなんて身近な男性、人間イーサン・ハントになっているではありませんか。
そうなんです、あの、イーサンが家庭を持つというのですから・・・。
そして、ただ機械のようにミッションをこなすのではなく、愛する人のため、
仲間のために戦うイーサン・・・。
それは、ハラハラドキドキ倍増で、人間イーサン・ハントの魅力倍増でした。

それは、本作が長編劇場映画デビュー作となる監督J・J・エイブラムスが、用意されていたシナリオをトム・クルーズに頼み込んで、ゼロから書き直し、登場人物の生活をリアルに丁寧に書き込んだ賜なんです。
実は、3作目の監督は最初、デビッド・フィンチャー監督の名があがっていて、フランク・ダラボンがデビッド・フィンチャーのためにシナリオを書いていたそうなんですが、そのシナリオは全く使わなかったそうです。

監督曰く、「登場人物を観客がひとりの人間として感情移入しないと、アクションやサスペンスにハラハラできないんだよ」と。
なるほど・・・納得です。
この手法はスピルバーグ監督も必ず使っているそう。
宇宙人や怪獣がでて来る作品でも、必ず主人公の生活がリアルに描かれていて・・・。ナルホドナルホド!だから、ハラハラ倍増なんですね。

という訳で、あの感情なんてなさそうに見えたイーサン・ハントに感情移入ができる~!?「M:I:Ⅲ」。

ちなみに今回イーサンを追い込む悪役は、「カポーティ」(05)第78回アカデミー主演男優賞に輝いたフィリップ・シーモア・ホフマンが扮していることも見逃せません。

   

みどころ

●目が離せないほどのアクション大会。
全部トム・クルーズ自身が演じています。
特に、1作品目で話題となった、一気に落下して、地面すれすれで宙づりになるという、あの、「宙ずり」シーンがまたまた登場!
なんでここまで!というほど、トムがアクションに挑んでいます。

●イーサンのフィアンセジュリア(ミシェル・モナハン)が美しくて強くてステキ♪どうして、イーサンが惚れてしまうかがよく分かる~。

●2作品目でも活躍した変装の仮面。
その作り方が本作の中で登場しますよ~。

お気に入り

1.あのイーサンがコンビニに行きます♪
2.流れているだけでゾクゾクするテーマ音楽♪

「M:i:III(ミッション:インポッシブル3)」に関連するDVD・書籍

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cinemarina.jp/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
Copyright© 2009 Cinemarina Allrights reserved.