キンキーブーツ



 

監 督

ジュリアン・ジャロルド

脚 本

ジェフ・ディーン&ティム・ファース

出 演

ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ

音 楽

エイドリアン・ジョストン

配 給

ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)

公式サイト

http://www.movies.co.jp/kinkyboots/

製作年・国

2005年/アメリカ=イギリス

上映時間

1時間47分

ひとこと

ハッピーにしてもらえます♪
元気にしてもらえます♪
そして、勇気をもらえます♪

誰しも、自分にピッタリの靴を探すのって、大変です。
ちょっと痛いけど・・・、しっくりこないけど・・・
まあいいか・・・と妥協して履いている方も多いのではないでしょうか。

人生もそうかもしれません。
なんかしっくりこないけど、まあいいや・・・と過ごしている方~!

この映画のローラとチャーリーに会って下さい。
実話です。嘘のような実話です。

お先真っ暗の優柔不断のチャーリーが、世間からの偏見を受けながらも、自分の生きていく道をしっかり持っている心優しいドラッグクィーン、ローラーとの出逢いによって、人生がこんなに変わるなんて・・・。

自分の生きる道、どこまでも妥協せず、偏見にも負けず、強い心をもって貫けるか・・・。
そこに本当の自分の靴を見つけることができるのかもしれません。

どこでどんな出逢いがあるか分からない・・・。
もしかしたら、自分の人生を180度変える出逢いが、今日あるかもしれませんよ・・・。

   

みどころ

●ドラッグクィーンのローラに扮するキウェテル・イジョフォーが最高。
  身長180cmという体格に、衣装を付け、メイクをし、ピンヒールのキンキーブーツを履いて、 歌って踊る姿には、もう虜にされてしまいます。(ヒップがキュッ!)

●ローラの心の強さ。本当は辛いのに、どんな偏見にも負けない心・・・
  だから、人の心の奥の辛さがわかる優しさをもつローラ。
  本当にステキな女性(?)です。

●倒産寸前の工場で働くひとりひとりが、最初は偏見の固まりだったのにローラの人柄に触れて変わっていくところ・・・よいです。

●ローラと工場の男性との腕相撲で対決するシーン。

●キンキーブーツができる過程。
 ローラが、ハイヒールについて色々教えてくれますよ~。

お気に入り

1.冒頭のシーン。ローラがまだ小さな黒人の男の子だった頃、怖そうなお父さんの目を盗んで、自分の履いていた靴を、赤いヒールの靴に履き替えてダンスをするシーン。

後半でも、大人になったローラが同じ場所でダンスをするシーンがあって・・・感動・・・。

2.靴屋さんで、色々な人が履いている靴を見て、その人の人生を当てっこするシーン。

3.ミラノでのショー・・・。ローラ大好き~!

この映画を観た人はこんな映画も観ています

  • 最強のふたり
  • ホリデイ
  • ブリジット・ジョーンズの日記
  • 「キンキーブーツ」に関連するDVD・書籍

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://www.cinemarina.jp/mt/mt-tb.cgi/114

    コメントする



    TOPPAGE  TOP 
    RSS2.0
    Copyright© 2009 Cinemarina Allrights reserved.