縞模様のパジャマの少年

 

pyjamas_story.jpg

第二次大戦下のドイツ、8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校である父親(デヴィッド・シューリス)の昇進により、住み慣れたベルリンを離れ、近所に誰も住んでいない殺風景な土地に引っ越してくる。

 

遊び相手もなく、退屈しきったブルーノは、母親(ヴェラ・ファーミガ)から禁止されていた裏庭を探検し、その森の奥を抜け、フェンスで囲まれた奇妙な農場を発見する。
そこには、昼間なのに縞模様のパジャマを着て、老人のような目をして座り込んでいる少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)がいた。
その同い年のシュムエルと心通わせていくブルーノ。

このフェンス越しの友情が運命を大きく変えていくとは知らずに・・・。

- 2009年8月8日(土)公開 -



タグ :

 

監 督

マーク・ハーマン

脚 本

マーク・ハーマン

出 演

エイサ・バターフィールド,ジャック・スキャンロン,デヴィッド・シューリス,ヴェラ・ファーミガ

音 楽

ジェームズ・ホーナー

配 給

ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン

公式サイト

http://www.movies.co.jp/pyjamas/

製作年・国

2008年/イギリス=アメリカ

上映時間

1時間35分

ひとこと

主人公は子供です。
第二次大戦下のドイツで、戦争の現実を何も知らされていないナチス将校の息子ブルーノと強制収容所のユダヤ人の少年シュムエルの間に、フェンスを挟んだ友情が芽生えていきます。

それは、今まで描かれたことのない純粋な子供の視点で、ホロコーストが描かれていくんです。

子供の心がまっすぐであればあるほど、ホロコーストの恐ろしさが心の奥に刻まれます。

「どうして、君は昼間でもパジャマを着ているの?」
「どうして、フェンスの向こう側には大勢人がいるの?」
何も知らないナチス将校の息子ブルーノは疑問に思います。
どうして・・・どうして・・・同じ人間なのに・・・?と・・・。

全ての人は、このブルーノのように純粋無垢な子供時代があったはず。
いつから人間は、変わってしまうのでしょうか?

今も地球上で、争いが続き、何も知らない子供たちが巻き込まれています。
世界中の一人でも多くの人に、このフェンスを挟んだ友情の結末を見届けてほしい・・・。
そして、繰り返してはいけない事実を知って、語り継いでいかなければいけないと切に願います。

地球の上から、いつか争いがなくなる日が来るために・・・。
そして、忘れないために・・・
この映画を観てほしい・・・。

   

みどころ

●主人公ブルーノに扮するロンドン生まれの天才子役、エイサ・バターフィールドの青い瞳が本当に、まっすぐに澄んでいて、吸い込まれそうでした。
●ユダヤ人少年シュムエルに扮するジャック・スキャンロンは、長編映画初出演とは思えない貫禄の演技でした。
悲しい眼差し、やり場のない表情や後ろ姿、それでいて、子供らしさも醸し出していて切なかったです。

お気に入り

ブルーノとブルーノの家のキッチンでいつも芋の皮むきをしている、いつも”縞模様のパジャマ”を着ている初老の男パヴェル(デヴィッド・ヘイマン)とのやりとり・・・。

この映画を観た人はこんな映画も観ています

  • 硫黄島からの手紙
  • ぼくの神さま
  • 「縞模様のパジャマの少年」に関連するDVD・書籍

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://www.cinemarina.jp/mt/mt-tb.cgi/103

    コメントする



    TOPPAGE  TOP 
    RSS2.0
    Copyright© 2009 Cinemarina Allrights reserved.