映画 ひみつのアッコちゃん

 

akko-chan-poster.jpeg

赤塚不二夫さん原作の「ひみつのアッコちゃん」が誕生50周年の今年なんと実写版で映画になりました。

 しかも原作の赤塚不二夫先生のあの面白さ、なんともいえない温かさ、そしてなんだか前向きにしてもらえちゃうスピリットを生かしながら、現代版完全オリジナルストーリーでの登場です。

10歳の女の子、アッコこと加賀美あつ子(吉田里琴)が、鏡の精にもらった魔法のコンパクトで、22歳の自分に変身!

ひょんなことから、大手化粧品会社のエリート社員、早瀬尚人(岡田将生)に気に入られ、その企画室でバイトをすることに。

生まれて初めてOL生活を満喫しているところ、その会社が何やらあやしい買収の危機にさらされていることに気づき、しかも尚人が大ピンチ!と知ったアッコちゃんは、変身能力と子供らしいアイデアをフル活用して、尚人を救おうとする。

そして、そこに淡い恋心も…。

体は22歳、でも心は10歳というギャップに戸惑いながらも、アッコちゃんは…。

 


声で紹介

「映画 ひみつのアッコちゃん」

 を声で紹介しています。


 

監 督

川村泰祐

脚 本

大森美香、福間正浩、原作:赤塚不二夫

出 演

綾瀬はるか、岡田将生、谷原章介、吹石一恵、塚地武雄、大杉漣、もたいまさこ、鹿賀丈史、香川照之

音 楽

遠藤浩二

配 給

松竹

公式サイト

http://www.akko-chan-movie.com/index.html

製作年・国

2012年/日本

上映時間

2時間00分

ひとこと

なりたいものに変身できる魔法のコンパクト、
「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン」
「ラミパスラミパス、ルルルルルー」
欲しかったな〜あのコンパクト!と思い出す方、多いのではないでしょうか?

この魔法の呪文にときめきながら大人になった皆さんは、
あらためて、この実写版「映画ひみつのアッコちゃん」を観て、忘れていた何かを思い出させてもらえるかもしれません。

そして、初めて、アッコちゃんに会う人たちも、
きっとアッコちゃんが大好きになるのでは...。

変身願望は誰でもあるもの。
そして変身するストーリーや映画も数多くあるけれど、
私はアッコちゃんの変身の仕方が大好き。
最初は、アッコちゃんも、自分がなりたいもの〜ってあこがれの職業の人に変身していくけれど、気づくと、自分が...ではなく、誰かのため、大切な人を助けるためにどんなものにも変身していく潔さが見ていて清々しかったです。

そのどんな大人に変身しても中身は10歳の小学生のアッコちゃんというところがまたよくて。
10歳の小学生だから、知らない言葉やよくわからない大人の関係もあるけれど、だからこそ見えることもたくさんあって…。
そんな何にでも体当たりしていく一生懸命なアッコちゃんは最高でした。

ラスト近くのあるシーンで、小学生の学級会よりもひどいやりとりをしているおじ様たちにアッコちゃんが言うセリフ、カッコよかったな〜!気持ちよかったです!


子供だからこそわかる大人の汚い世界。
大人としてアッコちゃんから気づかしてもらえることがたくさんあります。
でも、アッコちゃんの可愛いところは、それでも、大人は大人で大変なんだってちゃんとリスペクトします。

「映画ひみつのアッコちゃん」深いな〜!
さすが、赤塚不二夫先生の原作の映画です。

そして、今回改めて感じたことは、変身することって、実際はできないけれど、本当にそうなりたいって願っていけば、努力していけばそこに近づける!ということを教えてもらったような気がします。

「映画ひみつのアッコちゃん」を観た後、なぜか赤塚先生の笑顔と「これでいいのだ〜!」という声が聞こえてきそうでした。

笑って、笑って、キュンとして、そして温かくなって、前向きなきもちにしてもらえる
ハッピー、ハッピー、ムービーです。

♪スキ、スキ、スキスキ〜!スキ、スキ、スキスキ〜!
アッコちゃ〜ん、アッコちゃ〜ん、スキスキ〜♪

   

みどころ

・体は22歳、心は10歳のアッコちゃんに扮する綾瀬はるかさ
 んが、本当にはじけてて可愛いです。10歳ならではの表
 情やリアクションが最高!

・アッコちゃんを取り巻く人たちが、いいんです〜。
 塚地武雄さん、もたいまさこさん、大杉漣さん、吹石一恵
 さん、谷原章介さん、etc...

・OLに変身したアッコちゃんのファッションがめちゃくちゃ
 キュート!スタイリング担当の杉山さんいわく、原作の連
 載開始の60’sのファッションを取り入れ て、アッコちゃ
 んはこうだよね!という妄想をふくらませて選んだそうで
 す。しかも、どんなスタイルでも綾瀬はるかさんは着こな
 してしまったそう!

お気に入り

・22歳に変身したアッコちゃんがバイトをする化粧品会社の
 名前が「赤塚」といいます。赤塚不二夫先生も出演されて
 いるようで嬉しかったです。

・映画全体の色の使い方がポップで、明るく、温かく、ウキ
 ウキしたくなる色使いで、お気に入り。この作品の色使い
 を観ているだけで幸せになれるような気がします。
 ハッピーカラー映画かも。

・アッコちゃんの部屋がまた可愛すぎ!
 壁紙、絨毯、ベッドの布団カバー、壁飾り、などなど...
 DVDが出たら一時停止をかけてお部屋を研究したいです。

・アッコちゃんがいつも持っている手提げカバン。
 ピンクとオレンジと赤の色使いに、ネコのアップリケに
 アッコと名前が刺繍してあって…可愛い〜。

・アッコちゃんの「すきすきソング」がインストルメンタル
 でちょこっと流れてました。

この映画を観た人はこんな映画も観ています

  • 最強のふたり
  • 宇宙兄弟
  • テルマエ・ロマエ
  • ロボジー
  • ステキな金縛り
  • 「映画 ひみつのアッコちゃん」に関連するDVD・書籍

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://www.cinemarina.jp/mt/mt-tb.cgi/309

    コメントする



    TOPPAGE  TOP 
    RSS2.0
    Copyright© 2009 Cinemarina Allrights reserved.